八月拾五日のラストダンス

時代は太平洋戦争末期。昭和20年の8月。陸軍烈部隊の山瀬孝雄一等兵は、直径60センチ深さ1メートルの穴の中じっと息を凝らしていた。本隊からの指令は、『各小隊毎に分...

-- 続きを読む --